PBW初心者による『蒼空のフロンティア』のプレイ日記です。っと言いつつMCが主に生息してます。■090819設置■
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジュノの女嫌いについて
2009/11/26/ (木) | edit |
 世界が男と女で二つに分けられるなら
 多分ジュノは世界の半分が苦手なのだということだなぁ、と。
 


 とり合えず、ジュノの設定をもそもそ

 この前ヒッキーといわれたが、あながち間違ってないので
 反論できないんですが、わぁww

 過去話すると暗くなるなぁ。と思う今日この頃。
 不幸自慢は良くないので
 女性嫌い以外は直接出す気はないですよ。


 ↓暗いっていうか、なにこれなので注意。
 ↓
125904153474198.gif
(まともな顔描いたことないことに気づいたww)

「ジュノ・シェンノート」

性別 男
外見性別 男
実年齢  86歳
外見年齢 26歳
恋愛対象 男
身長 189cm
体重 65kg
髪型 重力に逆うツンツン
髪色 黒
瞳色 赤
肌色 白色系


嘘吐きで何時も浮かべている笑みは冷ややか
口も目つきも悪い天使というか悪魔っぽい細身の青年

伊達眼鏡着用

実は争い嫌いの平和主義。
MCを大事してるが、虐めるのが日課
知り合いには結構甘い。

女性が死ぬほど苦手
全力で距離をとり軽く威嚇
会話は双眼鏡で遠くから

床や地面に足をつけたがらず
部屋に居てもソファーで体育座り
故意に生き物を踏むのが嫌だとか

本名:ユーノー(JUNO)
この名前で呼んだら抹殺します。

ついでに婚約者います(女)
恋人≠婚約者

一人称 俺
二人称 フルネームを呼び捨て
口調 普段は丁寧、怒ると乱暴口調「~だ!」
誕生日 08月24日
性格1 勇敢
性格2 嘘つき
外見1 目つきが悪い
外見2 足が長い
弱点 女性の相手
生い立ち 恋人がいた
ウォーレン・アルベルタとの契約理由 死んだ恋人に似ていたから
将来の夢 自分の居場所を見つける

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 鮮血のような真っ赤な目と
 乾いた血のような真っ黒な髪だが
 羽の色は淡くオレンジを帯びた温かな白。

 出したりしまったりできて無駄に大きい
 光の翼だがもっふもっふ。

 髪の毛はツンツン立っているが
 実際は毛の質は柔らかめなので
 立てているのが正解。
 (ついでに張郃さんの髪は立ってる)


過去話ーーー暗いので注意ーー

 ついでにジュノは元々博愛主義です。
 さらにバイですね。
 まぁ男でも女でもどっちでも良いってことです。

 ついでにウォーレンもこれですが
 博愛主義ではないと本人が主張中。 

 ジュノは見栄っ張りで嘘吐き
 Sで顔が怖くて、引きこもりで
 女性が苦手、心配性で一つも言動が優しくない
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 本より穏やかなたちで
 争いごとが苦手で、血が苦手
 ひょろりとして腕力もとぼしく
 背だけ高く何時もぼんやりとしている少年だった
 力はなかったが鍛えること自体は嫌いじゃないので
 動きは以外に機敏。ただし足は割と遅い。

 30年くらい余り外出せずに
 家の手伝いや本を読んだりして暮らした
 いわゆる引きこもりみたいな感じ

 このころは髪の毛は不精なので長く
 後ろで軽く結っていた。

 誘われればどんな危険な場所にも同行
 何時も退路、帰り道を確保しながら行動する
 表情は昔から怖かったが心配性で優しかった。
 できるだけ優しく笑えるように 必死に鏡の前で
 練習してみたり、お面を被ってみたり。一応は努力してた

 ある日家に連れてこられた
 一人の少女と婚約することに決まった
 彼女の名前はーー。彼女の愛称は「ユピー」

 それからの40年近くずっと一緒に過した。
 それはもう、ずーーっといっしょに。
 まるで自分の影のように傍にいて
 コロコロ笑いながらずっと自分の腕を持っていた。

 彼女はジュノと対になるように
 行動的で女性にしとくのにはもったいない位
 力強い女性で 彼女にほぼ引きづられるように
 彼女とであってジュノはやっと
 外によく行くようになる

 彼女の口癖は「私だけを見て」
 よくじーっと見詰め合ったまま時間を過したことがあった
 ジュノとしてはこんな目つきの悪い自分と
 目を合わせてくれるだけでも 凄い人だと感心すらしていた

 彼女はジュノが女友達と話していると
 相手を睨んだり 意地悪するようになった

 ある日、我慢がならなくて
 彼女にもうやめてほしいと告げると
 彼女は「ごめんなさい・・だって、私を見てくれなくなるかと思って」
 余り人付き合いがなかったジュノだったから
 これは「嫉妬」っと言うものかな?と思って
 その時は許した。

 少女の事は一人の相手として好きだったし
 そのころは女性が嫌いではなかったので
 仲良くしていたが。一緒に生活しているうちに
 文字通り「何時も」一緒にいる彼女に違和感を覚え
 昔からの女友達に一人でこっそり相談したときに事件は起きた

 相談したその次の日にその友達が消息不明に
 3日後変わり果てた姿で発見された。
 第一発見者は なぜか 自分の傍を離れていた
 その婚約者で・・・。
 
 その日から
 時たま 自分の傍を離れるようになった。 

 その内気づいた 自分が彼女以外の女性と話すと
 その女性が何かしら被害を受けるのだ
 何時も右腕をつかむその指が次第に恐ろしくなって
 女性と話すのがどんどん恐ろしくなって。

 それに気づいた時から女性と話すことをやめ
 昔のようにたびたび家に閉じこもるようになった

 何度もやめてほしいと言ったが
 彼女はただ笑うのだった

 時々来る男友達とだけ話して 
 でも、彼女の相談はしなかった
 いや、できなかったとも言える。

 家に閉じこもるようになってから
 彼女は昔のように傍にずっといるようになったから

 このころから今まで気にしていた自分の怖い顔をきにしなくなった
 冷ややかな笑みをすることに 慇懃無礼な言動に
 ただ只管 自分の殻に閉じこもっていった。

 そして、ある日彼女が出かけている最中に
 一人の男であった。

 そして、初めての恋人ができた

 大型犬のような明るい男で
 引きこもりの自分を笑って、励まして
 怒って・・一緒に泣いてくれた。
 初めて 彼女の相談をすることができた
 
 そして、終局へ・・・

 彼女の家族が引っ越すことになり
 離れ離れになって10年と少し

 髪の毛を短くした

 ウォーレンと出会うその日まで
 ただ、生きていた。

 「なぁ、俺はお前の事だーい好きだぜ☆」

 相手を潰さないようにと羽根の軽く
 ただ只管温かな愛を相手にささげる青年を
 守ってゆこうと、決めたのは
 ・・・ほんの一年前の話。

 「は?なに言ってるんですか 気持ち悪い」

 相手に優しくする方法なんて
 いまさら覚えてないけれども 
 これから一緒に過してけば
 ちょっとは、改善されるだろう。
 なんて ぼんやりと

 久しぶりにぼんやりしながら
 ソファーで体育座り 

ーーーーーーーーーーーーーーー


 出会いの話はいつかー☆

 ジュノは別に女性と喋るのが苦手なわけではなく
 傍にいられるのが恐怖、て感じですかね
 ユピーと離れてから トラウマに近いそれは
 解消されてきましたが。
 自分に染み付いた 記憶には抗えない様子
 なんか、自意識過剰な気がするけども
 今も、見られているような気がするらしい。

 ついでに、相手の苦手なことをして来るやつは
 人間として最低だと思うので
 そういうお調子者はだいっ嫌いです 
 
 あ、そうそう
 ユピーはジュノの本名の「ユーノー」の対です
 元々この名前は
 他の所でいたオリキャラから持ってきただけなので
 得に真意はないです。ある意味皮肉になりますが。


 ついでに誕生日は 髪きった日です。
 「誕生日?忘れましたよ」

 マイリストが最近消えるので
 対策↓置いとくだけ
 
スポンサーサイト
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。