PBW初心者による『蒼空のフロンティア』のプレイ日記です。っと言いつつMCが主に生息してます。■090819設置■
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
栄光は誰のために~英雄の条件 第1回(全4回)
2009/12/06/ (日) | edit |
ヒポグリフもふもふ☆



 >シナリオガイド
 >参加者名簿


 ・・これでも最初は真面目かいてたんですよ。

 ヴォルフガング→7文字
 ・・長いから打つのやめよう。
 っと思ったのは内緒(←

 今回はひっそりどこかに出没して系であります。
 行殺程度の描写くらいの 余り広くないアクションにしました。
 ついでになぜ馬肉かというと ヒポグリは人肉と馬肉がすきと聞いたのでww
・ワイヴァーンは腕が羽根のドラゴン(飛竜)      →乗り物として扱いやすい。
・グリフォンは上半身・羽根が鷹で下半身が獅子→気性が激しく・乗り物には適さない
・ヒポグリフは上半身・羽根が鷲で下半身が馬 →比較的大人しく乗り物にもできる

 グリフォンが基準なんで、さてさて(・ω・)
 

 ↓相変わらずWっぽいというか また1分前に書き終えたと言う・・(←
 どうやって丁寧に、とか
 どのように世話をするとか
 そういう詳しいのは書けなかったので
 まぁ、これは心情が多いせいですがww
 今後やる時はもっと細かく、
 後、戦闘の事もかいとかなくては。
 以下に詰めるのか、それはとても大事なことですね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アクション内容



▼目的

ヒポグリフ隊立ち上げに参加。愛が端々に漏れてるが行動は真面目!彼等を知り、逆に此方を知って貰う

▼動機

ヒポグリフへの興味も有るが、補給ラインが確保できるなら一秒でも早く仲間の負担を減少できれば良いな☆

▼手段

□口調
丁寧時「です。ます」

□心情
図鑑では見たことがあったが
かの気高い生き物と会えるだけでも光栄だ
彼等と共に行動できたらどんなに心強い事だろう!
この戦いに入るのはこれが始めて
経験不足を補うのは柔軟な心構えと対応。常に心がけよう

ヒポグリフもっふもふしてそうだな☆
隊の立ち上げに参加できた事を誇りに思うぜ
仲間・彼等に惜しみない信頼を!

□事前準備
・銃の整備
・弾薬等をポケット背中のリュックに用意
・小型水筒と干し肉も準備
・ヒポグリフに関する資料を簡単にメモ帳に纏めてきたが
実践第一、先入観は失敗の元。何かあれば後でメモ。ポケットに収納

【行動】
ヒポグリフと対面したら感嘆

淋教官の「馬に蹴られない様に」と言う言葉からの推測と
文献によれば下半身が馬の姿のはず
・馬は後ろから来る者を蹴る癖があるものも居ること、
・近づく時の絶対条件「急に近づかない・背後から近づかない・大きな音を出さない」を思い出し
推測で有るが迂闊に後ろに周りかけた人に
静止、又は声をかけこれを伝える
高まる気持ちは抑え気をつけ近づく

彼らに詳しそうな人が居たら
好き嫌い等を質問

LC2の英霊張郃が愛馬に触らせてくれた時に教授してくれた
「愛馬というのは生死を託したと尊き存在であり慈しみ重んじるべき戦友」
と言う言葉を彼らを見て思い出すことだろう。嘗められては困るが礼儀正しく初対面大切な仲間として話しかけ接する

・慣れるのに時間かかるだろうが根気よくお世話
・馬房作ると言ってる人が居たが良いのが完成する事を祈る

・騎乗する時
支給がなければ軍用ヘルメットを装着
乗馬経験は有るがヒポグリフは初めて、相手を信じ堂々と。
騎乗出来たらヒポグリフに感謝し、優しく首元を撫でる
スポンサーサイト
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。