PBW初心者による『蒼空のフロンティア』のプレイ日記です。っと言いつつMCが主に生息してます。■090819設置■
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【感想】黒羊郷探訪(第2回/全3回)
2010/01/13/ (水) | edit |
いやぁーーーカオス・オブ・黒羊☆


 >「黒羊郷探訪(第2回/全3回)」

 
 ちまちま書いてたら
 12月31日から
 今日になっちまったんだぜww

 仕方ないんで 今日に日付変更でペチペチ☆ 
 (序に毎度打つ順番は (↑)シナへのリンク→でてるところの抜粋→
   一つずつ感想→全体感想→ココ→(↓)PLからアクションについて一言の部分)


 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 PLから自分の(アクション)について一言で言うと
 「真面目でしたね☆」

 普段一緒に隊として出れないのは
 基本的に背後のポインヨ的な問題なんですよね
 皆さんみたいにBUも頼んでるわけでもないのに
 まいどぎりぎりなのはなんでしょうね(--;)
 まぁ、今年はできる限り 仲良くさせていただきたいですね
 
 そろそろ3回目来る時期だと思って
 読み返しまくっております。
 ハイ、読み返しまくったら
 自分がイカに小さな考えだったのかよくわかりました
 どう考えても、他の人のほうがカオスです。サーセンww

↓ 自分の出てるとこ抜粋。
  (ちょっと分かりづらいとこは 他の人のも入ってる)


6-05 ジ・アナザー・ピルグリミッジ(人生行路)

■(P14)

出発が遅れに遅れたのは、【獅子小隊】のイリーナ・セルベリア(いりーな・せるべりあ)、
 ルカルカ・ルー(るかるか・るー)、ウォーレン・アルベルタ(うぉーれん・あるべるた)。
 彼ら彼女らは、ほぼ出立後に、黒い鴉の群れが旧オークスバレーへ飛んでいくのを眺めることになる
 ……というくらい、最も出発が遅れた組なのだが、
 イリーナにしてみれば、早くレオンハルトに会いた、いや合流したい一心でそんなもの見えず、
 ルカルカは♪黒羊に行けば〜どんな夢も〜と歌っており、
 ウォーレンは、ん? 何か飛んでいくぞ……と二人に言ってみたが聞く様子もないらしいので、
 彼も見なかったことにしてハイキングー☆と割り切ることにした
 (「っと、俺はちゃんと遠征のことも考えてるぜ? まずはたどり着かなきゃだな!」)。
 これは、そんな三人とパートナー達の旅物語である。

 【感想】俺真面目さん(´∀`)b<獅子小隊で行動2回目なんだぜ
 普段依頼に入らないせいかこういう時じゃないと一緒にいられないのはきついなぁ
 ハイキングー☆>(゜∀゜*)
 いやぁ、ちょっと真面目モードで行動してKYごめんなー でも、まぁちょっとぐらい許してな。
 実はジュノをつれてき忘れたんだぜ。
 空飛んでけば次追いつかないか 残念(‘ω‘`)

ーーーーーーー

遅れたついでに、一行は、基本的に「遠征」ということが抜け落ちた頭で、
 まるっきり旅行者という感じである。
 ウォーレン、「い、いやだから俺は。ほら、ちゃんと出発前に銃の整備。
 ポケットには地図、筆記用具、飴。アタックザックに予備の弾、食糧、ロープ、ビニールシート、布等
 ……林檎が嵩張るな、誰かいるか? ……って皆、聞いているか?」


 【感想】この準備が次に役立てば良いなー☆
 って言うか皆どんな格好って言うか持ち物だったんだろな?(スルメモグモグ
 イヤイヤ、聞いてなく良いんだって。だってこれ持ち物ってことで書いたもんだし
 基本的に準備万端、用意を怠らないのは昔からの癖だな
 山でも海でも、ましてや野原でだって気を抜けばいつだって怪我するしな。
 ついでに銃の整備と筋トレは日課だから主張するまでも無いんだけど
 まぁ、事前にしておいたことが描いてあって満足ーってな☆
 コートの裏に隠しておいた銃は描写無し、か。まぁ隠蔽だしよかった良かった 
ーーーーーーーーーーーー

「……ま、まあいいか。
 肩に力が入りすぎると、できる事すらできなくなる……ってな?」
 ウォーレンは、軽く林檎を齧った。

 【感想】あ、何時もと決め台詞違うでおくっちゃった
 なんて、ふと背後が思ったとか、思わなかったとかな。
 俺だって色々言いたいことはあるし、いつでも愛してるって言ってるわけじゃ、
 ・・・多分何時もじゃないと思ってる。(リンゴガジガジ
 外見上一番年長者だったりなー。っていうか実年齢もか☆
 自分なんかよりずっとこの傍にいる仲間は強くて、とても尊敬している。
 大事な大事な仲間。
 たとえ一方通行でもそれは変らないし、変えるつもりもない、なんてな☆
 リンゴを齧る為に軽く顔を下にして齧るまで目を閉じてて
 片目だけ開けて何か考えるように視線を横に流して
 ガジッって感じで想像してくれれば何より
 皆聞いてなかったから結局俺がリンゴを食べることにー☆
 実はジュノにあげる予定だったとか、なかったとかな。(リンゴを指の上でクルクル 

ーーーーーーーーーーー

  ウォーレン、「まだ、昼間です」
 ともあれ、草原亭では、黒羊郷の復活祭に関する話だけは聞くことができた

 【感想】

 (・”・)<まだ、昼間です
 昼間じゃなかったら真面目に俺も飲んでたかもな☆
 言っとくが俺お酒好きだぜ?(←実年齢:19)
 めんつゆに変える魔法を使う奴がいるが、
 何時か、真面目に飲んでやる・・(‘ω‘`)

ーーーーーーーーーーーーー

朝方に出立している者が、夕刻から夜には草原地方を抜け、谷間の宿場で宿泊という距離になる。
 イリーナ、ルカルカ、ウォーレン達は、昼前に旧オークスバレーを出た上、
 この有り様だったのだから、仕方がない。

 【感想】野宿になるのは想定済みだったが。
 フラフラなら今日はゆっくり寝てくれになるんだろうな
 一番遅いってのは聞いたしな。これで追っかけているって言うことにすれば
 もっと早くいけたんだが、砦からってことにしてたからなぁ・・とな。
 黒羊一回分何してたんだろうか?とか背後がぼやいてたが
 まぁ、それは置いておく☆だな。まぁ何事も迅速ってのは正しいが
 こんな状態の二人を急がせるのも悪いしな。

ーーーーーーーーーーー

夏侯淵は将軍としてのまともな意見を発揮し、夜は目立たぬよう灯かりや火を消すことをよう、
 また、見張りは最低二人は起きるよう、指示を出した
 が……夏侯淵とウォーレンを除いて、
 すでに皆、酔いとか鬱とか心痛などの個々の事情で、深く眠ってしまっているのだった。
 雨も降ってきた……
 ウォーレンと夏侯淵は無言で頑張って布を広げ風除け、
 シートを広げ雨除けを作り、二人で無言で頑張って夜を徹して見張りをし遂げたのだった。

 翌朝、カルキノスは夏侯淵+ウォーレンを背中に乗せることになる。
「……」

 【感想】最低二人ってのは
 ちょっと、アレだったかな。ごめんなジュノつれてこなくて(>Д<;)
 俺のパートナーの連中は酔わない&心痛とか滅多にないから。二人ともつれてきてれば
 少なくとも交代で寝れてたのに・・わぁ・・まじごめん。
 暗い中無言ってなんか問題ありすぎじゃね?暗い雰囲気は嫌いだから
 こういうときくらい淵将軍と語り合っても良かったかもなー。
 てっきり二人ずつかと思ってたから(まぁ人数はいたしな)
 会話なんてするとは思ってなかったしなぁ、はてはて(‘ω‘`)
 張郃さんと一緒だったら飲み明かしそうだ、淵将軍

ーーーーーーーーーーーー

「ちょっと黒羊郷の神様にも興味があったり☆」
 ウォーレンも、楽しげな(?)巡礼に合わせた態度で、さりげなく聞き出そうとする。

 【感想】たまには真面目モードから何時ものモードに。
 ついでに俺丁寧に喋ると表情が硬くなるそうな♪
 っていうか、これは台詞じゃないんだが・・? 
 まぁ、おいておくかー☆

ーーーーーーーーーーーーー
 

それは……
 キャラクエにも出てこないようなマイナーな気持ち悪い魔物をかたどった土塊の祭神だった。
 一行は、ぬめぬめした泥地に足を踏み入れていた。
 イリーナは毒を受けた! ルカルカは毒を受けた!
 ウォーレンは毒を受けた! パートナー全員も毒を受けた!

 【感想】これ絵師さんに頼めないな、この場面
 っというくらい 面白いシーンだけれども 難しいところだなww
 シナでクエ気分を味わうとはー!!
 っというか、ぶっちゃけよう!俺はこの二人とレベル差でクエしたことないんだ!!
 ちょっと、嫌なんか、かなり嬉しいかも(‘ω‘*)
 でも、この敵がクエでてくるのは勘弁だなーww
 モザイクかかってそうだ    (‘l壁 

ーーーーーーーーーー

巡礼の正体は、
 キャラクエにも出てこないようなマイナーな気持ち悪い魔物だった。

 キャラクエにも出てこないようなマイナーな気持ち悪い魔物が現れた!
 キャラクエにも出てこないようなマイナーな気持ち悪い魔物が現れた!
 キャラクエにも出てこないようなマイナーな気持ち悪い魔物が現れた!
 ダリルがリカバリをかける。
 カルキノスが怒りの歌を歌った。
 ウォーレン、夏侯淵に昨夜の怒りが甦ってくる。
 ウォーレン、夏侯淵ともヒロイックアサルトを発動。
 ウォーレンは体勢を落とすと、蹴りを食らわせた。
 キャラクエにも出てこないようなマイナーな気持ち悪い魔物を倒した。
 

 【感想】んー、もっと戦闘について書けばよかったかな。
 マイナーで気持ち悪いって、触っても大丈夫なもんだったのだろうか?
 謎が謎を呼ぶーって言うか、もう会いたくねぇなwwこの生物。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ウォーレンは、とても安堵した。
 今回はほんとに真面目に戦った。今回はスルメを持ってこなくてほんとによかった。
 そして、結局最終的には、イリーナの、レオンに愛たい、という一心が、
 一行を東の谷へと向かわせることになったのだった。



 【感想】愛は強しー☆


ーーーーーーーーーーーーーーーー
 【全体感想】
 
 pl


 冷静に読み直したら、思った以上に
  全体的にカオスでしたご馳走様でした☆ 


  逆に自分は恵まれているのだと気づきました
  ご迷惑おかけしました!!
  でも、最後の部分はやっぱり
  読むと(^^#)<イラッ☆っとして
   ウォーレン→Σ(;‘ω‘)<オチツケ!!               (((#^^) 
  となりますが
  まぁ、収めておきます。
  精進しなくては。
   
  いやぁ・・なにあれ、あの同じ台詞のオンパレード!!
  龍雷来来!いいですねぇ、げんきで!!

  レーゼはドンマイ!
  ご主人も・・お疲れ様!
  霧島ー霧島ーつくもー(ブワッ
  サミュは相変わらずレーヂエっこでした
  るーすっと言うかレオンというか・・
  つり橋お疲れ様でした・・(^^;)

  イレブン!ナイス眼鏡!
  後、イベカおめでとう!!(10.01・13加筆)

  祥子さんかっこよかったです!
  シャンバラン!佐野たち!防衛お疲れ様!
  守護者って言うか守護神ですね!かっこよかった(><*)
  
  イリーナさんとルカルカさんは
  一緒してくれて有難うございました
  とても楽しいたびにとなっております
  抽選参加なのですが どうぞよろしくなのです。

  ではでは、これにて終了!!
 
スポンサーサイト
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。