PBW初心者による『蒼空のフロンティア』のプレイ日記です。っと言いつつMCが主に生息してます。■090819設置■
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
栄光は誰のために~英雄の条件 第2話(全4話
2010/01/09/ (土) | edit |
(^ω^)<700文字スクナイッス



 >シナリオガイド
 >参加者名簿
 LC入れればもっと突き詰めて動けたんだが
 ちょっと、諸事情(ポインヨさん)で連れてけ無かったw
 できれば次参加できたら付いて来てもらえたらなぁ・・とな
 ぶっちゃけもっと知りたいことがいっぱい有るんだが
 Wになるよなぁ・・と思うぜ(‘ω‘`)
 
 そこの所をLCに聞いてもらえたらなぁと思ってたんだが
 分配の都合上こうなっちまったって感じかな
 別に時尭を入れたことには後悔はしてないが
 もうワンテンポ遅らせても良かったかもだな。
 
  
 相変わらず ヒポと何がしたいのか 謎な俺でした
 最後の修正しようと思ったら 9:30~10:48まで
 賞も無い話を永遠とされたんで
 (これ無視すると後々がきついので、聞かざる終えない)
 結局台詞を又一つも入れられなかった。
 ヒポにいいたいこと、話しかけたいこといっぱいあるのに(´Д`;)

 知りたいことと独り言を省けば色々かけるんだよな。
 (というか、独り言の部分余分すぎる)
 そこらへんは自分の今度は文字をかける割合なんだろな
 一つに集中して突き詰めることに勝利ありと・・むぅ・・。

 さて、黒羊の為に戦闘アクの研究でも(SE:ターン)ぐほぁ・・
  




 ↓アクション

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼キャラクターの目的
ヒポグリフ隊の立ち上げに参加。空で同調し同じ世界を見る!は未だ遠い。実現の為情報と体験を心に刻み行動

▼キャラクターの動機
彼らと一緒に行動したい。補給ラインが確保できるなら一秒でも早く仲間の負担を減少できれば良いな☆

▼キャラクターの手段

■心情
視線から愛が溢れ過ぎてそうだ
仲間と彼等に限りない敬愛を

連絡を取っていたイレブンから襲撃の事は連絡済
確かに急ぐ気持ちは有るがそれは頭の隅に置き
誠実に向かい合う事を忘れない
仲間と彼等に限りない愛を

■事前準備
前回の情報は
確りメモ記録
博識として記憶

□知りたい事
人を襲った事例がない→普段食料とする野生の獣がいる筈
警戒してはいるが此方を襲わない→不必要な狩りはしない?
・普段何処で何を食べているか
・狩りにいくとしたら飛距離が問題になる。一日の平均飛距離
・一日に食べる量と回数
・成獣との具体的な違い

一応教官に質問
答えが得られない場合も丁寧にお礼
実体験で知るのが一番だしな
無断行動にならない程度に山中散策

レーゼは結局生餌するのだろうか?

■行動
今日は弓装備
銃声に慣れて貰うべきだが聴覚が鋭い彼等に辛い筈
己も【超感覚】で彼等と感覚を近づける
けも耳ぴこっ

若いヒポも羽根がすべすべ
=親の羽繕いの丁寧さと羽根をいかに大事にしているかが伺える
乗る前は逆撫でしない様に丁寧に羽繕い
少しでも様子に変化があったり嫌がられたらそれを注意する

□騎乗時
後ろに立たない・羽根を無闇に触らない事に注意
乗馬経験は有り。支給がなければヘルメット装着
騎乗出来たら相手に感謝、優しく首元を撫でる

□飛翔時
手綱が無いなら
羽根を毟らないように握力を調整
羽根を挟まず足を締め。体勢を僅かに前に傾ける

言語は不通でも諦めたり妥協は失礼
感情はお互い声色や態度で判る筈
良い時は心から喜びダメな時は静かにぽんぽん叩く

□部隊名【雨(レイン)】はどうかな
恵みであり時には脅威にもなる。空からの来訪者ってな☆
聞いてもヒポグリフ部隊と判断され難い

まぁ、ほぼ独り言だが
スポンサーサイト
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。