PBW初心者による『蒼空のフロンティア』のプレイ日記です。っと言いつつMCが主に生息してます。■090819設置■
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【感想】【十二の星の華】ヒラニプラ南部戦記(序章)
2010/04/09/ (金) | edit |
ぷに戦記はじまるよー!


 >「【十二の星の華】ヒラニプラ南部戦記(序章)」
 
 キヨのスペックやべぇ?!
 キヨ連れて行ってよかった!!
 (まぁ、元から契約しているのが この南部での戦いで契約したことになっているのはさておき)
 隊の方は戦闘お疲れ様。11は大丈夫・・だろうかな(´・ω・`)
 一個噂流し損ねたんだが まぁ、余り関係ない話題だったししょうがないか。
 噂は流した、次は・・次は情報収集かなぁ☆
 今できることを、最善を!!
 あぁ、ルースを抑えるのも俺の役だな。そして俺を抑えるのがキヨたん
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 PLから自分の(アクション)について一言で言うと
 「噂話!(キリッ」
 特殊部隊設定が地味に戦闘というよりも
 情報、諜報に偏っているウォーレンが頑張ってします
 (武器はソルジャー・魂の職業ビーストマスター・よくやることローグ)
 アウトドアな情報好きは、性質が悪い・・ってのになればいいなぁ。
 噂一個流せなかったのはきっと、本人たちが普通に行動していたから(´∀`;)<アー
 

↓自分の出てるところ抜粋感想 (見難いので自分以外の人もちょろっと入ってます)




■(P6)

黒羊郷付近に潜伏し、ジャレイラを追ってきた者たちがいる。
 その一人は……復活祭の後に、新しい神となったジャレイラの命を狙おうとした男。
 ルース・メルヴィン(るーす・めるう゛ぃん)。
 巡礼と一緒に、黒羊郷に入っていたのだった。彼は前回、
 教導団の敵として明らかになったこの女の暗殺に失敗しすぐさま追われる身となり、
 命からがら黒羊郷へ至る谷の近くまで逃げてきたのだった。
 そこで、他の助けになろうと谷を追ってきていた、
 ウォーレン・アルベルタ(うぉーれん・あるべるた)、
 この地で彼と出会った獣人の清 時尭(せい・ときあき)によって、救い出された。 

 【感想】回想シーン(‘ω‘`)
 ホント逃走した先で出会えてよかったぜ☆
 MS様とキヨ、その前まで一緒だった二人に ルースの幸運に感謝! 

ーーーーーーー

ルースは逃げて来られたのが不思議なくらい、瀕死の状態であった。
 突き立つ幾本の矢。
 ウォーレンはまず、何よりもルースの治療を優先とするため、
 清の案内を得て、近くの安全な山へと退避した。
「ル、ルース……大丈夫か?」
 ウォーレンは獣医の心得を活かし、傷を手当てしていった。
 ルースが意識を失っているうちに矢尻を抜き、
 すぐに傷を縫い合わせ化膿止めを塗っていく。

 【感想】ついでに背負ってたのはキヨな。
 本当に有難うキヨ!愛してる!! そして俺らの方にきたルース愛してる!
 キヨが冒険好きで、地図大好きなおかげだな。(序にキヨはジャタの森の方出身(・ω・)
 獣医の心得が役に立ってよかった・・。ヒールは短縮(ぁ
 っというか、矢傷は先ずぬかないとだもんな(^^;)
 実は治療アクを書きすぎて大変なことになったから
 死ぬほど短縮したんだww。野戦とかそういうのは得意だよ
 実はサポートか個人行動の方がとくいんだよなぁ。はぅあぅ・・

ーーーーーーー

 ルースは意識が戻ると、ウォーレンにしきれないほどの感謝を述べ、
 そして、復活祭でのことを全て、話した。
 深刻な顔になる、ウォーレン、ルース。
「……まぁ、みかんでもどうです?」
 清が、ルースに、主ウォーレンにも、みかんを手渡した。

 【感想】深刻な場面に茶々を入れるキヨ。
 でも、それは妙に心地よい(キヨなでなで)ありがとな☆
 それにしても・・まーた、無茶したのか・・はぁ。
 キヨよく覚えておけよー。この無茶するおじさんがルースだぜー

ーーーーーーー

 半月ほどが経ち、ウォーレンの傷も回復してきた頃、付近の獣人の村で、
 黒羊郷の新しき神となったジャレイラ・シェルタン自ら軍を率い、
 この谷を通っていく、と話が聞かれ始めた。
「ジャレイラ・シェルタン……!」
 ルースは、少しきつい表情を。あのときの光景が、甦ったのだろう。
 復活祭。ジャレイラの言葉。その後の対面。光条兵器……。
 ルースは、立ち上がる。

 【感想】半月?!
 時の流れが速いなぁ。さすが戦記(0ω0;)
 そして、俺の傷じゃないw(これ修正依頼出しとくな)
 はぁ・・こいつまた無茶する気満々なんだろうなぁ。(額に手を当て)
 毎度ながら、すごいな・・。これは呆れる部分なんだろうが、そう思うよ。
 だってさ、怒る理由が自分へのことじゃないんだぜ?
 隊とか団のために命はれる、それだけでかっこいいよ。無謀だけどさ(苦笑い

ーーーーーーー

「ルース……! 無理はしない方がいいぜ。って言っても、決意は固そうだな。
 俺も行くぜ☆」
「ええ、ウォーレン。皆に迷惑はかけたくありません。でも……」
 この前、オレが仕留めていればこの戦争が起こらなかったかも知れない。
 思い上がりだとしても…
 …これはオレがケリを付けるべきです。そうルースは思い詰めた。

 【感想】思い詰めやがった・・(汗
 えっとな、巻き込んでくれて有難う☆
 隊に、皆に迷惑かけない分、俺にかけてくれよな(にぱっ
 隊にとって、お前は大事な男なんだから☆後、ナナにとってはとっても大事な、だな♪
 もし、本当に危なかったら ぶん殴ってでも止めるからな。
 今止めるべきとか、それは無しだ。俺だって俺のやりたいことがある 

ーーーーーーー

「ルース……。わかったぜ」
 ウォーレンは、ルースを包帯でぐるぐる巻いた。
「え、え? ウォーレン、そこの傷は治りましたよ? ちょっと巻きすぎじゃ……ぐく」
「ああ。これでいいんだぜ、ルースは一度黒羊郷に入ってるし、誰だか判んないようにっ」
「おっと、えぇ、そうですね。じゃぁぼろぼろになったフードもかぶって、
 顔には火傷の跡の特殊メイクでも施していきましょうか。名前も、ルークに変えてと」

 【感想】包帯巻き巻き 包帯巻き巻き♪ひぃーて、ひぃーて トントントン♪
 ルーク!!あなたの名前はルークなのね。・・なんてね☆
 特殊メイク誰に頼むんだろうとか、聞いちゃだめだよなww
 過剰な装いはばれる元~♪ってな。後でこれは言っておくか。

ーーーーーーー

 やがて、東の谷を通るジャレイラの軍に、
 続々、付近の獣人や魔物の集落から義勇兵が加わる、という話が聞かれ始めた。
「ちょうどいいんじゃないか」
「そのようですね」
 二人は黒羊軍に入ることはできないかものか、思案していたのだが、
 義勇兵の末端に付いていくことなら、自然とできそうだ。

「キヨもいることだし☆」

 はたして軍が谷間を通ると
「この怪我をさせた教導団に、何か一つでも復讐したいんです」といい、
 黒羊軍への忠誠と従軍を認められた。
 艶やかな漆黒毛の、二メートル近い狼姿になった清がいることで、
 近辺の民として他の者たちに溶け込むこともできた。
 彼らは更に彼らの策を秘め、軍の後方に付き従い、
 第四師団駐屯地を突くべく進軍していく。

 【感想】ウォーレンが俺をぎゅーとしたまま離れないので
 俺が感想と行きましょ♪
 なにが幸いするかなんてわかりませんな。
 偶々出会い、そして俺が主を気に入ってて、そして契約を持ちかけて
 そして、契約させたんですから(笑)連れて行ってよかったでしょう(ペチペチ
 俺との契約は後で聞いたら珍しくLC側から言い出したものらしいですね。
 実は結構渋られたんですよ、ほら、俺旅好きですから
 一箇所にいるような俺と一緒がきついだろうと
 でも、別に契約すれば繋がっているわけなんで、どこにいても良いんですけどね。
 「ほら、俺を連れて行ってよかったでしょう?」何度だっていってやります(笑

 駐屯地に進行中 後方部隊なので 合流はまだまだ先かもなぁ。
 明らかに獣人なキヨは重宝だな(もふもふ)
 まぁ、スンナリは入れてよかった(^^)

ーーーーーーー

 
三人は、東の谷向こうには李梅琳と共に鋼鉄の獅子が軍を進めてきており、
 ……これから彼らが窮地に陥ろうとしていようことは無論、今は知らないでいる。

 【感想】ルースの状況はわかった
 レオンたちの安否は知っている。 あとは鋼鉄の獅子がどこにいて、何を目的にしているのか
 それをちゃんと知りたいな(‘ω‘`)後方から前に出ないと無理だろうか。むぅ・・。






p16

7-02 黒羊郷における変化

ーーーーーーー

ここで一つ思い出して頂きたいことに……
 第2章において、黒羊郷の義勇軍に参加した者達。
 ルース、ウォーレン、清らの三人である。 

 【感想】名前が出てて びっくりしたなんて内緒だ☆
ーーーーーーー

彼らの主目的はジャレイラを追うことにあったが、その途中、
 ウォーレンはこんな噂を流し、
 ここ黒羊郷にいる教導団の者らに一役買ったことになる。
「俺も聞いた話だが」超感覚で小耳に挟んだ話を、情報撹乱のスキルによって広めた。
「武装した信徒や黒羊兵の中に、付近の異教徒や帰依しない村を襲っている奴がいる……」
「火がないところに煙は立たぬ、ですよ」
 そう言う清をなで、
「こいつも巻き込まれかけた」と、ウォーレンは周囲の者らに語っていたのだった。

 【感想】キヨはふらふらどっか行っちゃうから巻き込まれやすい(´w`)
 後、口が達者だが、いまいち雰囲気に信用が無いから 悪い方向に行きやすい。
 噂があっても発生元が明らかじゃなかったから。これは流すべきかと思って
 今回入るまでだろうなぁ、とも思ったから。流してみたり。
 昔から知りたがりやでさw筋トレ好きなのは体を動きを知る為が元だったり
 効率と、連動、そして無理な体勢と動き。体って面白いな。動物の筋肉も好き☆
 まぁ、そんなこんなで。知りたいから
「情報は誰の訂正・揉消されるかで正確さと重要度が判る」ってことで
 嘘か、ホントか、あいまいにゆらゆら。

ーーーーーーー

 西の山脈……グラニニペス峠によからぬ動きが。とも。
 グラニニペス峠と言えば……撲殺寺院? 
 黒羊側の幾つかの後方部隊を混乱させる情報となった。 

 【感想】んー、一個噂流せなかったみたいだ(‘ω‘`)
 「ここだけの話だが付近に潜んでいた謎の部隊は本拠地に戻ったらしい」これな
 いくつか・・か。まだまだ役に立つには・・たりねぇかな(^^;)
 慎重に、欲張りに、嘘から真実に。体を張って情報集めと行くか
 正しい情報も流しつつ、が良いな。信憑性にかけるから。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
全体感想

 πwwww

 キリンの女王器・・ゴクリ。
 とりあえず、隆光はおめでとう☆
 獅子の皆戦闘お疲れ様
 カオルー!メイリンさーん!?
 一般兵士がナイスでした。
 11(‘ω‘`)
 もふもふもふ
 ジャベイラつえぇ・・
 
 詳しくは もう3回くらい読み込んでからまた書きます。
 とりあえず、南側の諸国へと一歩進まねば、ですね。
 
 そして、探索の方々も頑張ってください(><*)
 できれば教導団のかたも参加してほしいところ
 他校生だけだと7校の考えになってしまうので
 8校を目指してください。

 ・・・11さんが転校しただと?!
スポンサーサイト
Comment
Comment list
No title
そうなのです、転校してみました!

次回南部戦記のアクション上、転校しておきたかったので。
2010/04/10(Sat) 23:58 | URL  | 11(PL) #-[ edit]
Re: No title
>11(pl)様
おぉ、コメント有り難うございます(0ω0*)
次の南部戦記 しょーたいだとか、
もしかして落ちるかもな奴ですが 何かありましたらどうぞよろしくです。

どんなアクションになるのか、今から楽しみ!
勝手に応援しております。
良き、アク。良きリアに結びつきますように!

団にはいずれ、かえって来てね(ホロリ>(;ω;`)

と、ウオから伝言です。
2010/04/12(Mon) 10:22 | URL  | Warren☆(PL) #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。